« 黒い泪   山口啓介 | トップページ

《歩く船》から《歩く方舟》へ

《歩く船》から《歩く方舟》へ

1999-2001年にかけて山口啓介は休止していた銅版画制作を再開します。

その作品の中心となったのが自家製版画本『枯野と幼年期の終わり』、

その版画本に登場する奇妙な、足の生えた船、それが《歩く船》でした。

34_2000_10

                                     《歩く船》2000年

版画集『枯野と幼年期の終わり』と《歩く方舟》について

 古事記の中に「枯野(かれの/からの)」と名付けられた船が登場します。
大和の国で、朝日を受けたその影が淡路島にまでおよんだという楠の大樹を
倒して作られたこの船は、それは大きく、それは速く、人間のスケールをはる
かに超える船で、また、老朽化したその船を焼いて塩を焼き、その燃えさしで
つくった琴の音はさやさやとまるで海の音のようだったと記されています。
 一方、未来また現代の巨船。アーサー・C・クラークが代表作『幼年期の
終わり』で60年前に著し、今まさに現在になりつつある未来図に登場する
巨大な宇宙船の物語。この船の住人オーバーロードは、人類を真の危機から
遠ざけ、その種としての行く末を見守ります。
 1999年から2000年にかけて制作した版画集『枯野と幼年期の終わり』の
中で、山口啓介は二つの巨船を引き寄せて新しい巨船、《歩く船》の物語を
紡ぎだしました。
 そして2013年、人類にとって最大の危機とされた「核」の問題が身近なもの
となった今、山口の《歩く船》は自ら10本の脚で立ち上がり歩き出すのです。
未来にいのちをつなぐ《歩く方舟》となって。

 (hakobuneプトジェクト 2013 いわき市立美術館 パンフレット  ueda reiko)

Photo_2

歩く方舟 on いわき、玉響の休息 2013年

|

« 黒い泪   山口啓介 | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194577/62553664

この記事へのトラックバック一覧です: 《歩く船》から《歩く方舟》へ:

« 黒い泪   山口啓介 | トップページ